ワーキングホリデーに挑戦しよう!

ワーホリや留学のガイドサイト。出発前に要チェック!

ビザ発給の条件、Q&A

      2015/06/05

年齢以外にも、ビザ発給については細かい条件がある。2005年度に発表された条件を、簡単にまとめてみた。

①18歳以上25歳以下であること。例外として30歳までOK
Q.26歳以上でも、本当に行くことができるの?
A.28歳のワーホリメーカーに出会った、などの話があるし、今回体験談を寄せてくださった方には27歳でワーホリビザをGETした人もいる。諦めずにチャレンジしてみよう。

Q.26歳以上で、「申請を検討してほしい」理由って、何を書くの?
A.25歳を超えている場合は、25歳までに申請できなかった理由をハガキに書くが、その際、説得力のある理由を書くよう、大使館のHPにもかかれている。その理由の例として「親の介護」「フルタイムで勉強していた」などが大使館側から挙げられている。

②有効なパスポートを所持していること
Q.いつまでに、パスポートがあればいい?
A.申請ハガキを出す時点で、所持していること。ハガキには旅券番号を書くため。

③2005年2月11日(金)から4月1日(金)までの期間、日本に在住していること
Q.その間は海外旅行もダメ?
A.ハガキ選考に通った人に通知が来て、申請書類の提出や、書類審査が行われる期間。その間に連絡の取れない場所にいると、せっかくのチャンスを逃すことになる。

④在英中、公的な資金や福祉制度に頼らずに、自分で生活をまかなえる十分な資金があること。
Q.それって、いくらぐらい?
A.はっきりとした金額は、イギリスに関しては、告知されていない。

⑤帰国用航空券を所持、又は航空券を購入する資金があること。航空券は、自己資金で購入したものであること。
Q.なぜ?航空券は持っていないと不利?
A.帰国する意志があること、つまり不法滞在の意志がないことを、証明するためのようだ。そのため、資金が十分にあれば、航空券の現物がなくても大丈夫。また、ワーホリビザなら、帰国用の航空券がなくても、入国のときにトラブルになることは少ない。

⑥子連れで渡英しないこと。
Q.夫や妻など、家族は?
A.相手もワーホリビザを申請し、夫婦それぞれが受給できればよい。だが、夫婦共に受給できるかというと、その保証はない。

⑦入国が許可される日から、最長1年間、休暇を主な目的に英国に滞在すること。

⑧日本国籍を有すること。

⑨過去に、ワーホリビザでイギリスに行っていないこと。

 - ワーキングホリデーとは